HOME > 法人クレジットカードについて > 法人クレジットカードのメリット&デメリット

法人クレジットカードのメリット

法人クレジットカードのメリットは、経費の管理が簡単になるという点です。現金で支払う必要が無く、全て後払いに出来るため経費の費用や項目のチェックなどもしやすくなります。いちいち経費がかかった時に現金で支払えば、そのつど経理の仕事が発生してしまうのです。中小企業や個人事業主の方が利用して、経理業務の手間を削減するために利用すると良いでしょう。

法人クレジットカードのデメリット

法人クレジットカードのデメリットはいくつかあります。一般のカードと比べて年会費が高い事、分割やリボ払いなどが出来ない事、ポイントが付かないなどの点があります。分割での支払いというよりは、一括での支払いを前提に発行しているのです。現金で支払うのと同じように支払いは1回で済むものですし、その月の経費を支払うとう点では現金での取り扱いと変わらないと考えておくと良いでしょう。

デメリットを考慮しても、法人クレジットカードのメリットは高いと言えます。

このページのトップに戻る